×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

トップページ>その他お気に入りキャラH(恐怖・ホラー系)

その他お気に入りキャラH

私が小さかった1970年代から1980年代に発表された漫画およびアニメは、自分の人格形成に多大な影響を与えてくれました。もちろん、小さい頃は何にでも影響を受けるものでしょうが、この頃の漫画やアニメは、質が高いというか、とても”勢い”のあるものが多かったような気がします。
ここでは私がお気に入りの、恐怖・ホラー系のキャラクターに関するグッズを紹介します。随時付け加えていく予定です。
なお、もし皆さんでお売りしていただけるような関連グッズをお持ちでしたら、ぜひご連絡ください
また、状況によってはトレードおよび何かイベントへの貸し出しも可能です。こちらもぜひご一報ください



ゲゲゲの鬼太郎 ぬいぐるみ
バンダイ製/1986年/当時?円(鬼太郎)、3,800円(ねずみ男)、3,600円(ねこ娘)、3,980円(こなきじじい)、2,200円(ぬりかべ)/高さ24cm(鬼太郎)、30cm(ねずみ男)、29cm(ねこ娘)、22cm(こなきじじい)、27cm(ぬりかべ)

第3シリーズの頃のゲゲゲの鬼太郎キャラのぬいぐるみです。

さらに詳細は、ぬいぐるみと人形のページへどうぞ。



寄生獣 ミギーぬいぐるみ
?製/?年/懸賞品?/高さ22cm

月刊アフタヌーンの懸賞品でしょうか。滅多に市場に出ない寄生獣のミギーのぬいぐるみです。ただ、ちょっとかわいくし過ぎでしょうかね。原作のミギーはとにかくなんとも言えない魅力があるのですよ。
原作については、その他の漫画家作品のページへどうぞ。



寄生獣 時計
?製/?年/懸賞品?/時計直径6cm

これまた月刊アフタヌーンの懸賞品でしょうか。同じく滅多に市場に出ない寄生獣のミギーの時計です。時計の周りの4つの脚?は曲げることができ、フックなどにかけて使用が可能です。KISEIJU HITOSHI IWAAKI WILD SENSE COMIC AFTERNOONとの記載があります。ミギーと言えば、やはりこの目!あと、この4つの脚の曲がりが、ミギーの変幻自在さを表しているかのようです。


妖怪人間ベム 子供用靴(アポロシューズ)
岡本理研ゴム製/?年/当時370円/7x18x8cm

大きさは16cmの子供用です。箱絵の雰囲気、いいですね。妖怪人間べムのグッズはあまりありません。


NITTO妖怪シリーズNo.1 妖怪伝 猫目小僧
日東製/?年/当時?円/箱10x15.5x4cm

スプリング機能で首がびよ〜んと跳びあがるそうです。楳図かずお原作(いずれ、”漫画・アニメの巨匠作品のページ”にコーナーを作らないといけないですね)の「猫目小僧」のプラモデルです。「猫目小僧」は、1967年から少年画報に連載され、その後掲載誌を変えながら、1976年にはアニメ化(とはいえ、通常のセル画を使ったアニメでなく、かなりインパクトのある作品になっています)、2006年には実写映画化されたりした、楳図先生の隠れた?人気キャラです。箱絵もへたうま系でいい味を出してくれています。ちなみに、このプラモデルシリーズのNo.2は「からかさ」、No.3は「油すまし」、No.4は「きょうこつ」という文字通り妖怪のプラモデルですが、これらも欲しいですねえ。妖怪もの大好きです(1968年の大映映画「妖怪百物語」や「妖怪大戦争」なんかたまらんです)。

トップページに戻る